足痩せは足の状態で実践方法は違う

足の脂肪を指先でつまむことが出来てしまっている時には、脂肪が多い傾向にあるために足が太く見えてしまうのです。
また脂肪が蓄積されてしまい足が太く見えているのでしたら、膝の皿の部分がぱっと見でわかりにっくくなっている可能性があるのです。

 

足の状態によって採るべき方法は足痩せをしたい場合には大きく異なっているのです。
まずは自分の状態を確認することが大切で、足痩せの最短方法がむくみの緩和か、それとも脂肪やセルライトの対策なのかなどを把握しましょう。
多くの女性は自分の身体のスタイルに満足をしていなく、様々な努力をして美しい身体を作ろうとしていることでしょう。
しかし理想の身体を実現させることが出来ていない人も多いことから、エステが人気となっているのです。 冷え性体質、さらには塩分を好んで多く摂取してしまったり、血流が悪化したりすることで足にむくみを発生させてしまう原因となります。
足痩せの方法も異なってくるもので、女性の約70%は水太りの効果で足が太く見えていると言われているのです。

 



足痩せは足の状態で実践方法は違うブログ:2019/08/22

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

ミーも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
二日3日で
8キロ〜8キロは簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べないシェイプアップを始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
体にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の体は良く出来ていて、
体に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい体に変化し、
一生懸命にシェイプアップしても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にごはんを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなお菓子も食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもごはんを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついにはシェイプアップを断念!
そして、リバウンド。

このように
食べないシェイプアップは、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい体を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい体になれるのです。

明日はいい日かな〜

このページの先頭へ戻る