悩みの歪みを解消させる効果的な骨盤矯正

大腿骨にズレが生じることで、まっすぐに伸びていなければいけない大腿骨と頚骨にねじれが発生してしまうのです。
つまり骨の外側だけが発達をしてしまうことになり、美しい体型を作ることが出来なくなります。

 

日本人には足と足の間にO字型の隙間が空いてしまっている人が多いですがこれがO脚と言わている悩みです。
なかなか改善することが一度O脚になってしまうと、困難となってしまうので、早めの骨盤矯正をする必要があるワケです。
今の時代というのは、無駄なダイエットをする必要なく、効果的な痩身や部分痩せをエステで実現出来ます。
これまで難しいとされていたセルライトの除去も簡単な施術で可能になってきたのです。 骨盤に歪みが生じると大腿骨も外側にズレてきてしまうことになりますので、そもそも骨盤は股関節から大腿骨へと繋がっているのです。
骨盤の歪みをそのまま放っておいてしまうと、美容に大きな影響を与えてしまうことになるのです。

 



悩みの歪みを解消させる効果的な骨盤矯正ブログ:2019/11/16

皆さんは、
減量というと、
「食べる事制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食べる事の回数を減らすとか、食べる事を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
1日3食の規則正しい食べる事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりの食べる事の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しく食べる事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

ミーたちのからだは、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

食べる事に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後の食べる事では、
とにかくできるだけ多くの栄養分をからだの中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、1日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすいからだになってしまうわけです

食べる事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

ミーたちのからだの特性から考えると、
食べる事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しい食べる事のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすいからだになるんです!

このページの先頭へ戻る