美しい身体の為に骨盤のケアを怠らない

日常生活で骨盤に歪みが生じた場合には、その日常生活を変えることでて少しずつ矯正させることが出来ます。
徐々に骨盤矯正を日常的に取り入れていき、自然と出来るようになるときっとその効果を実感することが出来るでしょう。

 

腹筋力が弱まってしまいますと骨盤は腹筋で支えられているために、骨盤が徐々に開いてきてしまいます。
このことから腹式呼吸を心掛けた生活を続けたり、また腹筋を使うように意識した生活をすることが重要です。
エステが続々とオープンしてきており、今では日本全国で最新のエステ美容術を受けることが出来るようになりました。
「これまで苦労してダイエットをしていたのは何だったんだ」と思うほど高い効果を実感することが出来るでしょう。 日常生活を送っているだけでも骨盤はほとんどのケースで、徐々に歪みが出てきてしまうことになります。
長い年月をかけて次第に歪んでしまいますので、自覚し始めたらすぐに骨盤矯正をしてあげる必要があるのです。

 





コンビニ後払いcheck!
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/
コンビニ後払い


美しい身体の為に骨盤のケアを怠らないブログ:2019/01/23

「ライスを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
読者様はどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ライスを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ライスは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人の減量を失敗させているようなんです。
ライスって、理想的な減量食品なんですって!

では、どうして
ライスが理想の減量食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ライスは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ライスを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ライスはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
食パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ライスよりも太りやすいそうです。

また、ライスの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ライスの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがライスの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさに減量にもってこいですよね!

このページの先頭へ戻る